生活

自信のなかった私が自己肯定感を高めたコツ3つ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

皆さんこんにちは、mayukouです。
コロナがだいぶ落ち着き始めていますが、まだまだ気が抜けずきついこともありますね。
気楽に息抜きしつつ、日々を頑張りたいところです。ただ、元気が減ると、自分自身に自信が持てないこともあります。
さて、今回のテーマは自己肯定感ですが、
これが高まると社会活動のストレスも減っていくのではと思います。
自己肯定感の本も多数出ていますが、
私自身、学生時代から自信がなく、クラスで発言するのも苦手でした。
しかし、最近は自信がついて、会社などの発言にも自信が持ててきた気がします。
明らかに、学生時代とは違う自分がいます。とはいえ、自己肯定感チェックサイトで見ると、普通程度だったのですが、
自己肯定感が低かった私が、「普通」に高まったコツをお伝えします。

自己肯定感とは

自己肯定感とは、その言葉の通り「ありのままの自分を肯定する感覚」のことです。
他者と比較することなく、自分自身が「今の自分」を認め尊重することで生まれる感覚であり、物事を前に進めるための原動力となります。

参照Globis Career Note

私の場合、向上心があったせいか、現在の自分に不満を感じることがあったのですが、
自分を高めて、やっと自分を認めることができるようになりました。ネガティブというか向上心というか。
もっとこうできたのではないか、と思ってしまうのです。小さな成功を積み重ねた結果かもしれません。

自己肯定感を高めた3つのコツ

1.勉強する

大学時代まであまり勉強に身が入らなかった私ですが、
社会人になってよく勉強するようになり、会話にも困らなくなりました。
雑学よりも専門知識を高め、仕事の実践を重ねたことで、仕事の自信がつきました。
頼られることも多いので、楽しく仕事ができます。そして、仕事でうまくいくことも増えてきました。

2.内面を磨く

勉強に少し近いですが、感謝する、相手を褒める、妬まない、悪口を言わないなど
人間性を高めることで、他人とのコミュニケーションがスムーズにいきます。他人とコミュニケーションがうまくいくと、
自分にも自信がつきます。とはいえ、たまにコミュニケーションは難しいこともありますが。。

3.外見を磨く

清潔感を保ったり、髪をきちんと切る、アイロンのかかった服を着るなど身嗜みをきちんとしておくと、
他人と対面するときの自信が違います。

最後に

いかがでしたか?まだ、日によっては、落ち込むこともありますが、
自信がつくことで、自分を立て直すことができてきた気がします。そして、今の自分をやっと好きになることができました。
引き続き、自分を高めて自信をつけ、自己肯定感を高めていきたいと思います。
休日を有効活用して、勉強したり自分メンテナンスに美容院に行ったり、
活動的になれるといいですね。

mayukou

福岡生まれ、福岡育ち、在住。福岡生活が長いです。デザイナーとして活動しています。会社員。大学卒業後、厳しい時代を過ごしてきましたが、なんとか自信を付けてきています。趣味は料理、絵を描くこと、写真を撮ること、犬の散歩、読書、音楽鑑賞、ブログ書きです。福岡の良さ、生きることのアドバイスをご紹介していきたいです。webデザイナーとして8年が経ちました。イラストレーターとしても、少しずつ活動中です。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Leave a Reply