レポート

ディックブルーナデザイン展「シンプルの正体」を見て来ました

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ディックブルーナのデザイン展「シンプルの正体」を見て来ました。福岡イムズのアルティアムで開催しています。

また、オープニングトークでアートディレクターの菊地敦己さんとデザイナーの中村至男さんのお話を聞いて来ました。

ブルーナさんをどうやって知ったかという話や、ブルーナさんのシンプルについて語っていただきました。
 

一流のお二人のお話はとても刺激になりました。
菊地さんは、大学の頃から雑誌で読んで知っていて
生でお話を聞けて感動しましたし、
中村さんのイラスト作品も素敵でした。

私も頑張ろう!と気合が入りました。

一つ後悔したことは、名刺を貰えば良かったということ。そして自分の名刺も渡したかった。

なんというビビリ。次からは、できるようになろう。

アルティアムでは、グッズも販売しています。色々と買いました。
ブルーナさんが作ったキャラは、ミッフィーも可愛いけど、ブラックベアも可愛いです。

ブルーナさんは、画家のマティスの影響を受けたそうです。
シンプルの色使いはここから来ているのですね。

ペイパーバッグの表紙デザインをたくさんして来たブルーナさんは、
年間に150冊も作ったこともあるそうです。

ペイパーバッグのデザインは、
映画のタイトルデザインで有名なソールバスの作品の雰囲気と似ています。

mayukou

福岡生まれ、福岡育ち、在住。福岡生活が長いです。デザイナーとして活動しています。会社員。大学卒業後、厳しい時代を過ごしてきましたが、なんとか自信を付けてきています。趣味は料理、絵を描くこと、写真を撮ること、犬の散歩、読書、音楽鑑賞、ブログ書きです。福岡の良さ、生きることのアドバイスをご紹介していきたいです。webデザイナーとして8年が経ちました。イラストレーターとしても、少しずつ活動中です。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Leave a Reply