独り言

アイデアの作り方:頭が空っぽの時に、アイデアが降ってくる

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

何かに行き詰まってきたら、それとは関係ない単純作業をやってみるというのが良いみたいです。
行き詰まっていることは、ちょっと寝かせて、
単純に別の何かに打ち込んでいる時の方が、
アイデアが湧いてきます。そして、あのプロジェクトはあのようにしたら良い、というように
考えがまとまってくるのです。

例えば、
犬の散歩をしている時。
車の運転をしている時。
洗濯物をたたんでいる時。
アイロンをかけている時。

だから、クリエーションに煮詰まった時や、
仕事に煮詰まった時には、

気分転換に外に出てみたり、
別のことをしてみると、
良いみたいです。

雑念があるときに、アイデアを出そうとしても出てきませんよね。
考えれば考えるほど、ドツボにはまってしまう。

何かに打ち込んでいるときは、何も考えず無心になっているはず。
そんなときに、ふっとアイデアが降りてきてくれるんです。

 

降ってきたアイデアをどう活かすか。

私たちが起こす生産行動パターン(というか流れ)は、

3つあります。

一つは、読書をしたりセミナーの話を聞いたりする、インプットの行動。

二つ目は、
頭が空っぽの時にアイデアが降って考えがまとまる、インプット&編集の時間・行動

三つ目が
本番。インプットした後に、実際に行動に移す時です。アウトプットですね。

つまりアイデアは、2番目の部分になります。

これをまた、再編集することで、
PDCAが回っていくのでしょうかね。

頑張ります。

クリエイティビティなアイデアを得るために。この本も、おすすめです。

mayukou

福岡生まれ、福岡育ち、在住。福岡生活が長いです。デザイナーとして活動しています。会社員。大学卒業後、厳しい時代を過ごしてきましたが、なんとか自信を付けてきています。趣味は料理、絵を描くこと、写真を撮ること、犬の散歩、読書、音楽鑑賞、ブログ書きです。福岡の良さ、生きることのアドバイスをご紹介していきたいです。webデザイナーとして8年が経ちました。イラストレーターとしても、少しずつ活動中です。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Leave a Reply