独り言

Appleのスタッフさんから学んだ良心的なサービス。そして高まるブランド価値

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは、mayukou です。
皆さんはapple製品は持たれているでしょうか?
福岡にはappleストアがありますが、iphoneやmac製品など販売するだけでなく、
Geniusバーというのがあって、apple製品での疑問点などをスタッフさんが解決してくれるコーナーもあります。
私はiphoneユーザーですが、何度かお世話になりました。
そして今回も、apple商品を購入にあたり、appleストアへ向かいました。
そこで、サービスたるやを学んだのです。

今回買おうとしたのは、thunderboltをUSB-Cに変換するというアダプター。
これがなんと、変換するというだけなのに5,200円(税抜き)もするのです。
昨今のappleはケーブルのシンプル化が進んでおり、どんどんとケーブルの規格が変わってきていて困ってしまいます。
その話はさておき、アップルの店員さんの対応が良かったので、記しておきます。
その5200円(税抜き)もする、純正のUSBCアダプターを買おうとしていた私を、引き止めてくれました。
私が、購入の経緯を話すと、「ちょっと待ってください。それだけのために払うのはちょっと高すぎるんです。」と正直に伝えてくださいました。
結果的に、それがなくても事は進み、代替のものをアマゾンで見つけ2,000円で購入することができました。
売り上げ至上主義な会社であれば、その買い物を止めなかったかもしれません。
私は、アップルのスタッフさんを信じました。私に無駄なお金を払わせないようにしてくれたのです。

アップルのスタッフの方は、商品は売らなかったけど、お客様に損はさせず、そうすることで私のような顧客の満足度を高めてくれたということです。
結果的に私はアップルを信頼して、
アップルの商品を買い続けることになりLTV(ライフタイムバリュー) は上がっていきます。
私はまたアップル製品20万円前後のパソコンを買うかもしれません。
5万円のapple watchを買うかもしれません。
つまり、5,200円の商品を引き止めたことで、もっと高い購入へと促すことができるということですね。

これは、顧客を満たすというセールスする上で、大切なサービスとも言えます。
ファンを作るには顧客満足が一番。
アップルのスタッフさんはこれを体現していました。

アダプターが必要だった肝心のmacの移行は簡単に出来ました。thunderboltは必要なく、
時間があるならば、Lanケーブルで充分です。新しいケーブルを買う必要は有りません。

最近のMacの製品は、UCB-CとUSB2.0とLANケーブルのみなんですね。口が少ないので、外部ディスプレイとも簡単には繋がりません。
HDMI の口も無いのです。
シンプルで使いやすいappleの製品は、ワイヤレス化が進んでいます。
その反面、昔の規格のケーブルが使えなくなっていくのですね。
時代に合わせていくしかありませんね。

mayukou

福岡生まれ、福岡育ち、在住。福岡生活が長いです。デザイナーとして活動しています。会社員。大学卒業後、厳しい時代を過ごしてきましたが、なんとか自信を付けてきています。趣味は料理、絵を描くこと、写真を撮ること、犬の散歩、読書、音楽鑑賞、ブログ書きです。福岡の良さ、生きることのアドバイスをご紹介していきたいです。webデザイナーとして8年が経ちました。イラストレーターとしても、少しずつ活動中です。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Leave a Reply